通信大学生の放課後

経済学、書評、また大好きな音楽について語る、かいていきます!

インダストリー4.0、一見素晴らしい未来からの贈り物

お久しぶりです。

シーズンも10月末、ついにとうとうハロウィーンシーズンですね。

今週末、大騒ぎな一日を迎えるわけです。

ハロウィーン僕は嫌いじゃない。

かぼちゃが嫌いだったりするけどw、見てるのは楽しいですよね。

 

そのハロウィーン商業規模がクリスマスを抜いたとか。

これは凄い!

しかしこの商業規模、いまいちよくわかんない。謎w。

ハロウィーンに関する商売市場の規模か?

当てにならないなーこれは。

ハロウィーンはお菓子だとかの消費物メイン、

消費は消滅する財なんで経済効果には疑問符が付きます。

一度調べないと何とも言えない。

でもまあいいや、コスプレパレード楽しんできてください!

僕も見に行くかもしれない、さすがにこの年でコスプレしないけれどw。

 

前置きが長くなった、今日語りたいのはインダストリー4.0について。

日本語で言うと「第4次産業革命

 

第1次では蒸気機関を使った機械。

第2次では電車の生産。自動車の大量生産。

第3次では電気製品の自動生産、最近のIT革命もここです。

ざっと見たところインダストリー4.0では

AI、人工知能

車の自動運転

ビットコインなどのブロックチェーン

エネルギー革命

が挙げられます。

個別に見ていきたいところです。

特にビットコインやエネルギー革命は気になる。

ビットコインは「新しい貨幣」としての役割を十分過ぎるほど担うと思うし

エネルギー革命は忌まわしいフクシマを終えて、脱原発成功に欠かせない。

しかし今回言いたいのはそこじゃない。

 

このインダストリー4.0のイノベーションたちは

経済を良くするとは思いません。むしろ悪くするのではと危惧しています。

こうしたインダストリー4.0の多くが

人間の仕事を奪ってしまうと考えるからです。

 

経済学者ポール・クルーグマン氏もその著書の中の一章、「技術の復讐」で

技術の進歩が需要を高めるとは限らない、それどころか様々な仕事の

職を奪うと書いている。

 

勿論対策はある程度うてるでしょう。

その最も重要な対策がスムーズな新技術、イノベーションへの移行です。

だがそれはできないはず。ある程度の年になった技術者が、

新技術を習得するのはとても難しいからです。

IT革命のとき、様々な店がつぶれ消えていった。

想像を超える、無駄にも見える大規模な財政政策も必要になってしまう、

社会保障も手厚くせねば。

 

未来からの「一見素晴らしく見える贈り物」インダストリー4.0.

テクノロジーを克服することこそ

インダストリーー4.0にとって最も大切なことなのです。

長文失礼。